メンズジャケットの失敗しない選び方4選!【ファッション初心者必見】

メンズファッション
スポンサーリンク

メンズジャケットの失敗しない選び方4選!【ファッション初心者必見】

メンズジャケットはビジネスではもちろんスーツでも着用しますし、私服でも定番なアイテムとなっております。

スーツはセットアップなので比較的選びやすいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私服でメンズジャケットを選ぶ場合に種類も多く意外と悩む人も多いです。

 

種類がありすぎて良くわからない

 

どのお店にも似たような商品が売っていて何を選べば良いかわからない

 

など、一体どうやって選べば良いのか悩みますよね。

そこで今回はメンズジャケットの失敗しない選び方4選!を紹介します。

特にファッション初心者におすすめな内容となっておりますので是非参考にしていただければと思います。

結論から申しますと、メンズジャケットの選び方はこの4つがポイントです。

  1. シルエットで選ぶ
  2. 素材で選ぶ
  3. 色で選ぶ
  4. 値段で選ぶ

1.メンズジャケットはシルエットで選ぶ

ポイント1つめは「シルエットで選ぶ」です。

服選びで一番重要なポイントだと言っても過言ではないでしょう。

結論はジャストサイズを選ぶ事です。

特にきれいめファッションでは「ゆるゆる」「ダボダボ」というのはNGです。

カジュアルファッションでは、わざと大きめのサイズを選んだりしますがここでは一旦無視しましょう。

失敗したくないのであれば、まずはジャストサイズを選んでください。

肩幅が自分の体形に合っているか。

袖は長すぎず、短すぎないか。

シャツを着て上から羽織って苦しくないか。

そしてジャストサイズで1着購入したらジャケットのサイズを覚えておきましょう。

「S、M、L、LL」というサイズだけで全然OKです。

自分は大体「S」なんだ「M」なんだ「L」なんだと理解できれば問題ございません。

細かい事を言うとブランドによって「S」サイズでも大きさは異なりますが初めはおよその感覚で大丈夫です。

何度か購入していくうちにこのブランドはタイトな作りだとか、大き目な作りだというのも理解できてきます。

ここで、私のように低身長、細身の男性でジャストサイズで着れるジャケットがないという人は細身の男性でもジャストサイズで着れるタイトな作りのブランドを紹介している記事がありますのでよければ参考下さい。

 

 

小さいサイズならレディースのジャケットを買えばいいんじゃない?

稀にこういう方もいらっしゃいますが

 

ダメです。「メンズ」と「レディース」の決定的な違いがあります。

 

それは「ボタンの位置」です。

メンズジャケットは「右側」レディースジャケットは「左側」にボタンが付いております。

なのでシルエットが綺麗でもおすすめしません。

違和感が半端ないのが一番の理由ですが、それ以外にシルエットがキレイでもボタンの位置が逆というだけで着心地や、機能性が悪く感じてしまいます。

スーツでもシャツでもボタンは「右側」なのでいきなりボタンが逆になるだけで違和感を感じますし、わかる人にはすぐわかってしまうのでジャケットはレディースを買うのは避けましょう。

2.メンズジャケットは素材で選ぶ

ポイント2つめは「素材で選ぶ」です。

メンズジャケットって色んな種類があるなと悩む方もいらっしゃいますが、基本は素材、シルエット、ボタン、色の違いです。

なかでも素材というのは季節感が変わってきますし、それ以外にも

きっちりしすぎているか、私服でカジュアルっぽく使用できるかと様々な点で影響をもたらします。

きれいめとかカジュアルとかのメンズファッションのジャンルですね。

スーツであればセットアップなのであまり迷わないかもしれませんが、私服で着るメンズジャケットはこの素材選びも重要となります。

たくさんの素材がございますがここでは、初心者が失敗しない素材を紹介します

ポリエステル素材のジャケット

私服のメンズジャケットは「ポリエステル」素材が多く、テーラードジャケットと呼ばれる王道なジャケットでポリエステルが使われている事が多いです。

私服で売っているポリエステル素材のジャケットはスーツ程キメすぎないけど、きれいめに着る事ができる素材です。

値段が安いという点でもおすすめですね。

きれいめファッションをしたい方はポリエステル素材のジャケットがおすすめ!

Amazonで一番人気のポリエステル素材のジャケットはこちら↓

 

注意!

 

 

やっぱ選ぶのめんどくさいからスーツのジャケットを私服でも着よう!

それだけは絶対やめてください。

 

実はスーツ=テーラードジャケットなのですが、ビジネスで売っているスーツのジャケットと私服で売っているテーラードジャケットでは「丈の長さ」や「生地」「使っている糸の細さ」などが異なります。

スーツは男性の一番の正装服です。

正装服の事をドレスと呼んだりします。

メンズファッションにおいて正装服(ドレス)←→カジュアルは真逆です。

一番キマッているキメキメなドレス服を私服で着てしまうと合うパンツが同じ素材のスーツスタイルしかありません。

なので私服でスーツのジャケットを着ると相性の良いパンツがないのでやめましょうとなるわけなんですね。

ニット素材のジャケット

「ニット」素材はカジュアルな雰囲気を出したい時におすすめです。

カーディガン感覚で軽く羽織れるので、肩が凝らないのも良い点ですね。

カジュアルファッションをしたい方はニット素材のジャケットがおすすめ!

Amazonで一番人気のニット素材のジャケットはこちら↓

ウール・コットン・リネン・ナイロンは2着目から

失敗しないメンズジャケットを選ぶポイントとして、素材はポリエステルかニットをおすすめします。

ウール・コットン・リネン・ナイロン等ございますが、これらは2着目からにしましょう。

理由は6つあります。

  1. ウールは一歩間違えるとおじさんっぽく見られる
  2. コットンは良いものを選ばないと安っぽく見える
  3. リネンはシワが目立つ
  4. ナイロンもシワが目立つ
  5. ポリエステル・ニットジャケット方がコーディネートしやすい
  6. ポリエステル・ニットの方が値段が安い

もちろんそれぞれの素材で良い点もありますし、季節によって利点もありますが、メンズジャケットの素材はポリエステルかニットが値段的にも購入しやすくコーディネートしやすいです。

3.メンズジャケットは色で選ぶ

ジャケット選びには基本色として3色覚えておいて下さい。

  1. グレー
  2. ネイビー

「黒」は必ず1着は持っておきたい定番の色!

初めてジャケットを購入するという方は迷わず「黒」をおすすめします

デニムにもチノパンにも合わせやすく一番大人っぽさを演出してくれます。

「グレー」は黒を持っている方や人と少し差をつけたいという中級者におすすめします。

グレーもデニム、チノパンに合わせやすいですし持っていて間違いない色です。

「ネイビー」は大人っぽさよりカジュアルに着たいという方におすすめします。

注意としては、デニムの色が基本「青」(ブルー、インディゴ)なのでデニムよりはチノパンの方が合わせやすい色となります。

4.メンズジャケットは値段で選ぶ

最後に4つめのポイントは「値段で選ぶ」です。

自分の予算と相談しましょう。

ジャケットの値段は幅広く、安いものだと3000円台から購入でき、高いものだと10万、20万、30万、それ以上となるものもあります。

お金が有り余っているのであればどんな商品を購入する事も可能ですが、初心者が購入するなら1万円以下のメンズジャケットでも十分カッコよく着れます。

ジャケットスタイルはどこに行くにも合わせやすい

  1. 友達とカラオケに行く
  2. ご飯を食べに行く
  3. 買い物に行く
  4. デートでかっこよく決めたい

ジャケットは基本どんな時でも違和感なく、おしゃれにきめれるメンズファッションの万能コーディネートアイテムです。

ただ、当たり前ですがアウトドアやスポーツをする時は向いてません

ジャケットはメンズファッションの定番アイテム

メンズジャケットはメンズファッションの定番アイテムです。

ジャケットを1枚羽織るだけで簡単にコーディネートができます。

ファッションについてよくわからないとか、
コーディネートに悩む~という初心者にこそおすすめなアイテムです。

ジャケットを羽織るだけで全身のシルエットをビシッと見せてくれますし、
女性からの評判も高いので

 

〇〇ちゃんと会うけどどんな服装をすれば良いかな

 

デートに何を着ていこう

 

と悩んだ時はシンプルにジャケットを着てデニムやチノパンを合わせたコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたか?

メンズジャケットの失敗しない選び方4選!を紹介しました。

  1. シルエットで選ぶ
  2. 素材で選ぶ
  3. 色で選ぶ
  4. 値段で選ぶ

この4つのポイントを理解しているだけで失敗しないメンズジャケットを選ぶ事ができますよ!

では!

この記事を書いた人
TSUYOPON

”きれいめ for men”の管理人です。
細身メンズファッションやメンズ美容を中心に運営しております。
バーテンダーより接客で学んだ経験を元に恋愛記事も書いてます。

北海道出身
10代→陸上部(100m)で全道大会出場
20代→バーテンダー・音楽(バンド)活動。作詞・作曲。vocalです。
30代→IT企業サラリーマン

日々働きながらブログを書いております。

TSUYOPONをフォローする
メンズファッション
スポンサーリンク
TSUYOPONをフォローする
きれいめ for men

コメント

タイトルとURLをコピーしました