Guのローゲージ畦セーターに新色が登場したので購入レビュー!

スポンサーリンク
メンズファッション

Guのローゲージ畦セーターに新色が登場したので購入!

Guのローゲージ畦セーターから新色が登場しました。

色鮮やかな赤です!

このセーターはとにかく発色がキレイ。

鮮やかなビビットカラーのセーターって意外と見かけないんですよね。

実際に店舗に行ってみたら一目惚れしたので購入しました。

ということで今回はGuのローゲージ畦セーターの購入レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

畦(あぜ)ってなに?

まずは商品名にもある畦(あぜ)について解説します。

畦とは編み方のことで、別名「リブ編み」とも呼ばれるニットの代表的な編み方です。

表目と裏目を交互に編んでいくので大きな凹凸ができる見た目が特徴的。

厚みがありボリューミーなセーターの為、冬の防寒性にも適していると言えます。

より細かく解説すると畦編みには「両畦編み」「片畦編み」という手法があり、今回のGuの商品は片畦編みとなっております。

片畦編みは両畦編みと比べると厚みやボリュームが抑えられるため、両畦編みの方が防寒性も高く作りも丈夫となります。

まあ1,990円のセーターなので片畦編みではありますが、それでも十分な厚みがあります。

ただローゲージなので耐久性は両畦編みのセーターと比べると劣るでしょう。

実際に着てみた感想と評価

では本題です。

Guのローゲージ畦セーターの新色(赤)を着てみた感想と評価は

「色鮮やかな赤色が差し色にピッタリ!秋冬に活躍するコスパ最強のおしゃれセーター」といった感想です。

大人が着ると子供っぽい印象にと思う人もいるかもしれませんが、コーディネート次第で大人っぽく着こなすこともできるのがファッションのおもしろいところ。

単体でシンプルに着るとやはり原色カラー、ローゲージなのでカジュアルさが目立ちます。

1,990円という低価格なので冒険もできる。

色は4色展開で黒、オフホワイト、赤、青。

黒や白ではなく普段買わないような赤や青カラーを買うのがおすすめです。

見た目

見た目はこんな感じ。

とにかく発色が素晴らしい。

原色の鮮やかなカラーのセーターってユニクロではなかなかないですからね。

ローゲージなのでカジュアルさがあり可愛く着れる。

ただ厚みがあるので重い。

着膨れもしやすいです。

サイズ感は若干オーバーサイズ気味なので、ジャストサイズで購入しても今のトレンドらしさがあります。

個人的にはもう少しゆったり着たかったので1サイズアップで購入しました。

裏も表と全く同じ。

装飾などもなくシンプルなセーターです。

差し色として使った大人コーディネート

全身をあえて黒で揃えて差し色として使った大人コーデです。

セーター以外のアイテムは全てドレスよりな服でコーディネートしております。

  • オーバーサイズのコート
  • タートルネック
  • スラックス
  • サイドゴアブーツ

このように着れば大人っぽく見せられるし、人と差別化も簡単にはかれます。

コートを脱いでも上品に

コートを脱いだ状態です。

タートルネックを重ね着で使っています。

ローゲージセーターは厚みがあるので、タートルネックもやや厚みのある素材を使うことでバランスが取りやすい。

ちなみにユニクロの超極暖タートルネックです。

さらに袖もインナーの黒色を少し出すことでカジュアルさを少し軽減することができますよ。

是非真似してみてください。

最後に

いかがでしたか?

Guのローゲージ畦セーターに新色が登場したので購入レビューしてみました。

原色カラーは差し色として使えるので普段のコーディネートによりおしゃれさが加わります。

コスパよく可愛いセーターをお探しの人は是非参考いただければ幸いです。

では!

 

この記事を書いた人
TSUYOSHI

”きれいめ for men”の管理人です。
低身長細身メンズファッション、メンズ美容を中心に運営しております。

北海道出身
166㎝ 54㎏

趣味
ファッション、美容、音楽、旅行、ブログ、読書

TSUYOSHIをフォローする
メンズファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TSUYOSHIをフォローする
きれいめ for men

コメント

タイトルとURLをコピーしました