第一印象がチャラそうと言われる人はチャンスである事を忘れるな

恋愛
スポンサーリンク

第一印象がチャラそうと言われる人はチャンスである事を忘れるな

よく女性から「チャラそう」と言われる男性っていますよね。

私も実はよく言われてきました。

第一印象という事は見た目が理由なんですよ。

チャラそう」とか「女のコいっぱいいそう」とか・・・。

「そんなんじゃないのに」と。。

ですが実はですね、「チャラそう」と言われる人はチャンスなんです。

よく言われる人はこの記事を見てチャンスだと思ってください。

それはなぜなのか理由を4つにまとめてみました。

  1. マイナスからのスタート
  2. ギャップで勝負できる
  3. 髪型に気を使っている
  4. 服に気を使っている

ではそれぞれそどういう事かさっそく見ていきましょう。

マイナスからのスタート

第一印象が「チャラそう」という事はもちろんですがマイナスからのスタートとなります。

ですがまだ全然自分の事を知ってくれていない。

性格なんか何も知らないですから。

だから自分の事をたくさん知ってもらいましょうね。

 

〇〇くんって実はこういう一面もあるんだ。

 

最初の印象が悪い反面後はプラスにしかならないんですよ。

どんどん話していくうちに「実は良い人なんだな」と思わせる事が「チャラい」と思われない普通の人より簡単なんです。

女性は「どうせ」という目であなたを見ています。

後はプラスに上げるだけなんです。

もちろんそれで性格もチャラそうで話してみてもダメだったらどうしようもないですが(笑)

ギャップで勝負できる

モテる上で「ギャップ」というのは重要になってきます。

チャラそう」と思われているのであれば、それを逆手に自分自身が「真面目」で「一途」だということを知ってもらいましょう。

話してみると案外真面目。

しっかりしている。

真面目な仕事についている。

一途な面を会話や行動で伝える。

女性は「ギャップ」に弱いです。

しっかりしている人のお茶目な部分を見たりすると母性本能をくすぐられる効果があります。

例えばあなた自身、見た目が派手なギャルと出会い意外とそのコが真面目だということを知ってしまったらどうでしょう?ポイントが上がりませんか?

いい子なんだなって思いますよね?

先ほどのマイナスからのスタートと似てる部分ではありますが、最初の期待が低いという所を上手く補っていけば「ギャップ」となります。

当たり前ですが、本当に中身も「チャラい」のはNGですよ。

髪型に気を使っている

そもそも第一印象で「チャラい」と言われるのはなぜでしょうか?

理由の1つとして「髪型」が挙げられます。

ワックスを使って毛先を遊ばせたり流行の束感を出したりコテやアイロンを使って髪の毛のセットに時間をかけているからです。

全然悪いことではありません。

むしろ自分自身の美意識が高いという事ですから。

逆に美意識が低い男性はどうでしょう?

髪のセットもめんどくさい。

ワックスを使っても簡単に済ます程度。

「ナチュラル(自然)」は女性に評判が良いのは間違いありません。

が、美意識が低いと「ナチュラル(自然)」にセットする事さえしない人もいます。

「ナチュラル(自然)」に見せる事と「何もしないこと」は違います。

チャラい」とはほど遠いですがそもそも「チャラそう」な人よりモテません。

髪に気を使うのは良い事です。

かっこよくなりたいからおしゃれしたいから気を使うのです。

ただし、先ほど言ったようにやりすぎには注意が必要という事は意識しておきましょう。

服に気を使っている

チャラそう」と言われる理由のもう1つが服装です。

服に気を使っている。

ようはおしゃれさんは「チャラそう」なファッションになりかねないです。

髪の毛と同じでそもそも服に気を使っていない人ってどうですか?

チャラそう」な恰好になるわけがないんですよ。

かっこよくなりたいという努力を怠っている訳ですから。

チャラい」というのは「モテる」という意味でもあります。

モテる男性というのはもちろん中身が一番重要ですが、見た目もおしゃれを意識したりそもそも美意識を持っている人の方がモテる可能性は格段にあがります。

しかし、髪と同様で服もやりすぎは厳禁です。

コテコテのパンクファッションや、ステージに上がる訳でもないのに派手なロックファッション等は控えるようにして

シンプルな「きれいめファッション」をメインにコーディネートする事をおすすめします。

最後に

いかかでしたか?

第一印象で「チャラそう」と言われる人は悲しまず自信を持ってください。

ポジティブに考える事も重要です。

ただし「チャラい」のは見た目だけにすることです。

本当に「チャラい」と女性はギャップも感じられず「やっぱりな」で終わってしまいます。

余程の物好き以外そもそも好きにもなってくれないでしょう。

この記事を書いた人
TSUYOPON

”きれいめ for men”の管理人です。
細身メンズファッションやメンズ美容を中心に運営しております。
バーテンダーより接客で学んだ経験を元に恋愛記事も書いてます。

北海道出身
10代→陸上部(100m)で全道大会出場
20代→バーテンダー・音楽(バンド)活動。作詞・作曲。vocalです。
30代→IT企業サラリーマン

日々働きながらブログを書いております。

TSUYOPONをフォローする
恋愛
スポンサーリンク
TSUYOPONをフォローする
きれいめ for men

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました