【メンズ】デニムシャツの選び方!ポイントを3つにまとめて紹介

メンズファッション
スポンサーリンク

【メンズ】デニムシャツの選び方!ポイントを3つにまとめて紹介

デニムシャツと言えば、メンズファッションでも非常に合わせやすくおしゃれをするのに最低1着は持っておきたいおすすめアイテムです。

ただ、メンズファッションの中で完全に王道なアイテムの為、どんなデニムシャツを買えば良いのか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

そこで今回はデニムシャツの選び方を紹介していきたいと思います。

「種類が多くてどんな商品を選んだら良いの?」

「どういう所が異なるの?」

という方は是非参考にしていただければ幸いです。

デニムシャツの選び方

デニムシャツは色々なお店で展開されているし、正直どれも似ているからよくわからないですよね。

結論から申しますと選び方のポイントは3つあります

  1. 色で選ぶ
  2. シルエットで選ぶ
  3. ボタンで選ぶ

色で選ぶ

デニムシャツの色は特に重要で、展開されているだけでもカラーバリエーションが豊富ですね。

大きく分けて展開されている色は

  1. インディゴブルー
  2. ライトブルー
  3. ネイビー

大体こんな感じです。

まず色の選び方としてポイントです。

「黒」「白」ははじめは選ばないで下さい

「インディゴブルー」「ライトブルー」を持っていて幅を広げたい理由なら良いですが、初めて買う方やファッション初心者にはおすすめしません

理由は2つあります。

  1. シャツで代替えできる
  2. 他3色と比べてコーデしにくい
シャツで代替えできる

「黒」や「白」であれば別にデニムシャツじゃなくても良いです。

無地のシャツでもストライプのシャツでも「黒」「白」は豊富に展開されてますし、せっかくのデニムシャツの特徴が活かせません。

特徴というのは「シャツだけどデニム生地なんだよ!」という点です。

デニム生地なんだよ!」というのはやはり他3色、「インディゴブルー」「ライトブルー」「ネイビー」の方がわかりやすいです。

特徴が活かせなければ別にデニムシャツじゃなくても良いですから。

他3色と比べてコーデしにくい

「黒」や「白」はせっかくのデニムシャツという特徴を活かせないので普通のシャツでも良いじゃんと書きました。

それに補足になりますが、普通のシャツの方がコーデしやすいからです。デニムシャツ程ポケットもついていないし無駄な飾りがない黒シャツ、白シャツを選べばコーデしやすいのはデニムシャツより確実に普通のシャツですから。

インディゴブルー ライトブルー ネイビーではどれがおすすめ?

どれも季節や用途によって使えますが、初めてデニムシャツを購入する方であれば「インディゴブルー」をおすすめします。

ライトブルーも全然問題ないのですが、やはりファッションの王道(みんなが一般的に着ている)というのを考えると「インディゴブルー」が一番良いかなと思います。

正直好みですね。

「インディゴブルー」「ライトブルー」はどちらもブルー系統で合わせやすいので。

 

カジュアルに着るなら「ライトブルー」

 

 

大人っぽく着るなら「インディゴブルー」または「ネイビー」

のようなイメージをとらえていただければ良いかなと思います。

夏のファッションとしては「ライトブルー」は最適ですが、コーデのしやすさ、人気、女ウケを考えると「インディゴブルー」に軍配が上がりますかね。

ネイビー」はより大人な男の魅力って感じでしょうか。

シルエットで選ぶ

ジャストサイズを選びましょう!

デニムシャツというのは元々アメカジファッションです。

アメリカファッションなので他のシャツと比べてサイズ感が大きく作られているのが特徴です。

今ではかなりタイトなデニムシャツが日本では展開されておりますが、シャツと比べると意外と少ないんです。

同じ「S」サイズでもデニムシャツより普通のシャツの方がサイズ感は小さいブランドはあります。

特にウエストの絞りが入っているメンズのデニムシャツは数少ないのでご注意下さい。

有名なユニクロ、Gu、ナノユニバース等のデニムシャツはほとんど絞りが入ってません。

ウエストの絞りが入っているデニムシャツを展開しているのはドメスティックブランドや渋谷系、お兄系ブランドでしょうか。

ジャストサイズでもウエストの絞りが入っているか入っていないかでシルエットは全然異なります。

自分のファッションジャンルに合わせて選ぶのが一番ですが、王道なカジュアル系で着こなすのであればウエストの絞りはあまり入っていない方が良いですし、大人っぽく細身に着たいのであれば少しでもウエストの絞り(シェイプ)が入っているものを選びましょう。

ボタンで選ぶ

色やシルエットが気に入ったら最後はボタンを見て下さい。

ボタンというのはデニムシャツによって様々で、周りにどういう印象を与えるかが変わってきます。

多く使用されているボタンの種類は以下3つでしょう。

  1. スナップボタン
  2. 金属ボタン
  3. プラスチックボタン

スナップボタン

スナップボタンというのはボタンホールがなく、「パチン」と止めるタイプのボタンです。

結論から申しますとデニムシャツを選ぶ際に一番おすすめしたいボタンタイプとなります。

理由は2つありまして、1つは「着やすい、脱ぎやすい」。

これ、かなり重要です。

メンズってめんどくさいの嫌いじゃないですか?

通常のボタンみたいに留めなくて良いし、脱ぐときも簡単に取れますから使い勝手が一番良いです。

2つめはデニムシャツと相性が良い所ですね。

デニムシャツに使われているボタンの中で、一番主流であってシンプルなので周りから見ても違和感もなく、ボタン自体が主張しすぎないのでおすすめです。

金属ボタン

金属ボタンも多く使われておりますね。

こちらは先ほどのスナップボタンと比べるとボタンの主張が大きいです。

なのでデニムシャツなんだけどデニムジャケットっぽく見せたり、高級感を出したりするコーデに最適です

また、スナップボタンタイプより値段も少し高くなります。

ロックに着こなしたいなら金属ボタンの方がかっこよく決まります!

プラスチックボタン

ボタンといえばのあれです(笑)

デニムシャツだと黒や白のプラスチックボタンが使われている商品もありますね。

一番王道なボタンなはずですが、デニムシャツで選ぶとなると個人的にあまりおすすめできません

理由は、カジュアルになりすぎる点です。

女のコが着るなら可愛いですが、そもそもメンズがデニムシャツを着るのは男らしさをより象徴できるからだと思うんです。

なのでそれならスナップボタンで良いのではと思います。

最後に

いかがでしたか?

メンズファッションでデニムシャツは人を選ばす誰でも簡単にコーデできるアイテムです。

色やシルエットで見え方も変わってきますので、自分の好みで選びながらも今回ご紹介したポイント3点を参考にしていただければ判断しやすくなりますよ!

  1. 色で選ぶ
  2. シルエットで選ぶ
  3. ボタンで選ぶ

では!

この記事を書いた人
TSUYOPON

”きれいめ for men”の管理人です。
細身メンズファッションやメンズ美容を中心に運営しております。
バーテンダーより接客で学んだ経験を元に恋愛記事も書いてます。

北海道出身
10代→陸上部(100m)で全道大会出場
20代→バーテンダー・音楽(バンド)活動。作詞・作曲。vocalです。
30代→IT企業サラリーマン

日々働きながらブログを書いております。

TSUYOPONをフォローする
メンズファッション
スポンサーリンク
TSUYOPONをフォローする
きれいめ for men

コメント

タイトルとURLをコピーしました