彼女の過去が気になる場合の対処法は?体験談を踏まえて紹介します

恋愛
スポンサーリンク

彼女の過去が気になる場合の対処法は?体験談を踏まえて紹介します

好きな人ができて、恋が実り付き合う事ができたあなた。

おめでとう!やったー!と喜んでいるのもつかの間。

彼女の過去が気になって気になって悩んでしまう事はありませんか?

彼女の過去が気になる男性というのは主に以下の内容が気になってしまう事が多いのです。

  1. 今まで何人の男と付き合ってきたか
  2. 経験人数はどのくらいか
  3. 今までの彼氏とデートで行った場所
  4. 今までの彼氏にあげた誕生日プレゼント

細かく掘り下げるともっとたくさん出てきますが、元彼に関する事がほとんどです。

元彼という過去の男に嫉妬しているのです。

ぶっちゃけ恋愛事情以外の過去が気になる時はそこまで自分自身は辛くありません。

簡単に聞けるしそもそもそこまで気にならないんですね。

例えば

  1. どんな学生だったか
  2. 部活は何をやっていたか
  3. 好きな食べ物
  4. 好きな映画
  5. 趣味
  6. 家族構成

付き合う前にこの辺は知る事も多いでしょうし、気になってしょうがない、辛いという事はほとんどないでしょう。

過去の恋愛事情ではないからです。

もちろん男性によっては元彼との事など、気にならない方もいらっしゃいますが、気になってしまう方も多いというのが現状であり、原因は恋愛における嫉妬心です。

何を隠そうこの記事を書いている私も過去の恋愛で、彼女の恋愛過去が気になってしょうがない時期がありました。

まぁ一度気になったらとことん気になってしまうので辛かったですよ。

今ではちゃんと反省して、気にならなくなりましたね。

そこで今回は体験談をふまえて彼女の過去が気になる場合の対処方を紹介したいと思います。

対処法

結論から申しますと彼女の過去が気になるというのは、嫉妬から生まれてくる心理現象です。

男性は恋愛においても勝ち負けをどこかで意識します

それが大好きな彼女や彼女の元彼であっても勝ちたいんです。

まず前提として恋愛に勝ち負けなどないという事を知ってください

これを知らないと気にならない事も反省も成長もできません

では、前提をふまえた上で対処法を紹介します。

対処法は大きく5つあります。

  1. 気になる事を告げ彼女に聞く
  2. 彼女は今あなたの事が好きだから付き合っているという事を理解する
  3. 自分に自信を持つ
  4. 過去を知っても時がたてばどうでもよくなる事を知る
  5. ポジティブに考える

この中で最も自分の辛さが解決される方法は「気になる事を告げ彼女に聞く」です。

結局の所、気になってしまったら聞くのが一番早いのは確かです。

これは体験談ですが、もう気になって仕方がない時は、聞く以外に自分のモヤモヤや辛い状況が解決される方法はありません。

ただし、聞くときに注意するべき事もあります。

その点を踏まえそれぞれ見ていきましょう。

気になる事を告げ彼女に聞く

もう気になって気になって仕方がない場合は、気になる事を告げ彼女に聞く事が1番です。

あなたの事が大好きであれば初めはイライラせず聞いて、話してくれるはずです。

ちなみに私の体験談ですが、コツは気になる事を整理しておいてなるべく1度で完結に聞くこと

彼女に会うたびに毎回質問をしていたらさすがに彼女も嫌がります。

質問をする為に付き合った訳ではありませんし、質問に答える為に付き合った訳でもありません。

なので時間をかけてでも1度で気になる事をとことん聞きまくった方が良いです。

また、論理的な話し方で聞いてはいけません

端的に話す事を心がけてください。

そして重要なのが、聞く側なので自分が想像を超える事以上の出来事があって落ち込んでも相手は何も悪くないという事を自覚してください

聞きたくて聞いたのはあなたですから

自爆して彼女を悪く言うのは男として最低です。

自分自身が一番スッキリする対処法ではありますが、度々気になりすぎて負のループにならないように1度気になったならスッキリするまで聞いて、次は気にならないようにしてください。

ポイントは考えないようにする事すら意識しないで今を生きる事です。

また、聞かなくても解決される場合もありますので、「気になる男というのはどういう男なのか」をふまえて、他の対処法も紹介していきたいと思います。

彼女は今あなたの事が好きだから付き合っているという事を理解する

彼女の過去が気になる男は「今」の彼女の事を全く考えておりません

女は「今」あなたの事が一番大好きだから付き合っているのです。

あなたとのスタートは「今」から何ですよ。

そのスタートから彼女を幸せにしてあげようと気持ちを持ってください。

誰だって過去はありますよね?

あなたにも過去があるでしょう。

だけど、過去の恋人とはもう付き合いが終了しております。

彼女の元彼が気になる場合は、「元彼」という考え方をしないのも対処法の1つです。

厳しい言葉ですが「眼中にないただの他人」と考えてしまえば結構どうでもよくなったりします

自分が「今」まさにその子の彼氏なんだという気持ちを意識する事で、悩みが解消される可能性もあります。

別れているという過去はうまくいかなかったという事です。

所詮それまでの相手だったという事。

なたがゴールまでの人になれば彼女にとって人生で1番の相手という事を理解しましょう

自分に自信を持つ

彼女の過去が気になる男は自分に自信がありません

強がっているだけで実際心が弱い男性、自信がない男性はより彼女の元彼と比べたがります。

そして実際に元彼と会ってもいないのに彼女から話を聞いて、彼女を柱にして俺の方が凄いみたいな強調をします。

これ女性からめちゃくちゃ嫌われるので注意しましょう。

男なら男らしく自分に自信を持ってください。

自分に自信を持っていれば過去の恋愛なんて気にならなくなります

「どうせ俺なんて・・・。」

「元彼に勝てない・・・。」

なんて考えている暇があったらファッションセンスや髪、コミュニケーション力を身につけましょう

そもそも元彼に勝つ負けるなどありません

あなたが勝手に勝ち負けを気にしているだけなんです。

「今」彼女に聞いてもあなたが勝ちだと言われます。

女性は過去と今を比べる事はできません。

何故なら過去の恋人を上書きしていく思考をしているから。

それに比べ、男性は過去の恋人を保存していく思考があります。

自分に自信がない人ほど過去の恋人と競う傾向が強いので、自信をつけて自分が1番で当たり前というくらいに思っちゃいましょう。

過去を知っても時がたてばどうでもよくなる事を知る

一度経験した方ならわかる人も多いでしょう。

彼女の過去が気になって仕方がなくなり、結果聞いた所でどうでした?

モヤモヤが解消されるのはその時だけで、時間がたつと

何であんなに気になっていたんだろう?」とまるで他人事のように思います。

その時の辛さが解消されるだけでそれ以外、知ってもなんも意味がありません。

時間がたつと小さな事で悩んでいた事がどうでもよくなってきます

なので一度気になって聞いたとしても同じ事を何度も繰り返さない事です。

恋は盲目という言葉があるように、大好きであればあるほど相手の事しか考えられなくなります。

そう、過去が気になる人は1点集中しすぎという事なんです。

それだけ大好きなのもわかりますが、自分で自分を苦しめているだけだという事を知ってください

また、そういう人へのアドバイスとして、恋愛の為に生きているという訳ではなくて、自分の人生のイチブに恋愛があるという事を意識しましょう

ポジティブに考える

恋愛を上手く続けていく最も重要な事でもあり、過去が気になる人への対処法でもあります。

先ほどでもあげましたが、彼女の過去が気になる人は自分に自信がない人ほど多い傾向です。

自分に自信がない人というのは性格もネガティブな人が多いんです。

ネガティブに考えると良い事はありません。

ポジティブに考える事で気持ちに整理がついたりします

例え彼女の恋愛経験が多かったとしても「チャラい」ではなく「それだけモテる」と考え方を変えてみる事によって嫉妬心を落ち着かせる事もできます。

こういったポジティブな男性ほど、「器の大きいモテ男」になれるという事を知りましょう。

最後に

いかがでしたか?

体験談をふまえて、彼女の過去が気になる場合の対処法は、気になったら聞く事が一番の対処法です。

聞くときのアドバイスも是非参考にしていただければと思います。

また、気になる男というのは

今を考えていない人、自信がない人、1点集中しすぎている人、ネガティブな人に多い傾向があるとう事を説明しました。

知っておくことによって、気にならないようにする防止にも繋がります。

では!

この記事を書いた人
TSUYOPON

”きれいめ for men”の管理人です。
細身メンズファッションやメンズ美容を中心に運営しております。
バーテンダーより接客で学んだ経験を元に恋愛記事も書いてます。

北海道出身
10代→陸上部(100m)で全道大会出場
20代→バーテンダー・音楽(バンド)活動。作詞・作曲。vocalです。
30代→IT企業サラリーマン

日々働きながらブログを書いております。

TSUYOPONをフォローする
恋愛
スポンサーリンク
TSUYOPONをフォローする
きれいめ for men

コメント

タイトルとURLをコピーしました