【感想】やる気が上がる8つのスイッチは自分の改善すべき所がわかる本

スポンサーリンク

【感想】やる気が上がる8つのスイッチは自分の改善すべき所がわかる本

ハイディ・グラント・ハルバーソン著

やる気が上がる8つのスイッチ~コロンビア大学のモチベーションの科学~を読み終わったので感想を書きます。

結論から申しますとやる気が上がる8つのスイッチ~コロンビア大学のモチベーションの科学~は

自分がどんなタイプかわかり、改善すべき所をわかりやすく教えてくれる本」といった感想です。

本の題名にもなっている8つのスイッチというのは、8つのタイプの人間によるそれぞれやる気が上がるスイッチのことを指します。

人それぞれやる気が上がる方法は異なるということをこの本では具体的に教えてくれます。

やる気が上がる8つのスイッチを読む前の自分

やる気が上がる8つのスイッチ~コロンビア大学のモチベーションの科学~を読む前の私は

そもそも自分がどうしたらやる気が上がるのかなんて全く理解していませんでした。

強いて言えば、どちらかというと承認欲求が強い方で、褒められたらやる気が上がるタイプの人間だろうなという感じです。

やる気が上がる8つのスイッチを読んで気づいた事

やる気が上がる8つのスイッチ~コロンビア大学のモチベーションの科学~を読んで気づいた事は大きくまとめて3つあります。

  1. やる気を上げる方法は一つではない
  2. 自分がどのタイプか意外とわからない
  3. 証明を求めるより成長を目指す

やる気を上げる方法は一つではない

誰もがやる気を上げれるような万能な方法はないとこの本の冒頭で書いております。

世の中色々なタイプの人間がいますから、それぞれの人に合わせてやる気を上げる方法が異なるというのがこの本の趣旨となっております。

それぞれの人というのが以下8つのタイプに分類しております。

  1. 中二病
  2. うざいやつ
  3. 臆病者
  4. 退屈な人
  5. やる気の空回り
  6. まじめな見習い
  7. 新星
  8. 熟練の匠

自分がどのタイプか意外とわからない

上の8つのタイプそれぞれの診断がわかるのですが、意外と自分がどのタイプに当てはまるのかわかりませんでした。

ちなみに分け方には3つの軸があって

  1. マインドセット
  2. フォーカス
  3. 自信の有無

この3つなんですが、自分がどういう人間なのか意外とわからないものなんです。

占いとか心理ゲームのように先に問題に答えてから自分がどんなタイプかわかるのではなく、自分で先にこういうタイプだと決めてからそれぞれどのような改善をしていけば良いかが描かれている本なので、なかなか自分は自分の事をよくわかってないんだなと思いましたね。

何度か読み直して大体わかってきましたが、私は「中二病」でした。

ヤバいですね・・・。泣

証明を求めるより成長を目指す

これは3つの軸の中のマインドセットの部分で、証明マインドセットと成長マインドセットという2つのマインドセットにわかれて説明してくれているのですが、証明より成長を目指しましょうと書いております。

ちなみに

証明マインドセット・・・人に自分の能力を見せつけ認めさせようとしている成長マインドセット・・・自分が向上することに焦点を当てている

大きな違いが、人と比べるか比べないかという所。

他人と比べるより自分自身と比べるのが成長マインドセットであってこういう人の方が粘り強く頑張り続ける特徴があるそうです。

やる気が上がる8つのスイッチを読んで変わったこと

やる気が上がる8つのスイッチ~コロンビア大学のモチベーションの科学~を読んで変わったことをまとめてみました。

  1. 証明より成長を目指す
  2. 他人と比べないようにする

証明より成長を目指す

人を認めさせるのではなく、自分自身の成長を目指すようにしました。

去年の自分と比べて成長する為に、ブログのアクセスアップや読書をしてアウトプットをして成長しようと思いました。

他人と比べないようにする

元々私は誰かと比べていたのでしょう。

人間小学校から大学まで自ずと成績でもテストでもなんでも順位をつけます。

その為、人は他人と比べたがる生き物のような気もします。

私だけではないはず、数多くの人が他人と比べると思います。

特に社会人だとそうですよね。

こういう事を書けば自分がだれかと比べていたのを社会のせいにしているように思われるかもしれませんが、そういう訳ではありません。

もちろん自分の性格上だと思っております。

ですが、他人と比べる人は世の中的にも多いと思うんです。

同期でもなんでも「あいつより先に出世しよう!」と頑張っている人も多いでしょう。

でも他人と比べるより自分自身の成長を考える。

成功者この考え方をしています。

なので私はこの本を読んでマインドを変えようと思いました。

最後に

いかがでしたか?

やる気が上がる8つのスイッチ~コロンビア大学のモチベーションの科学~の感想を書いてみました。

自分がどんなタイプかわかり、改善すべき所をわかりやすく教えてくれるので自分自身成長したいという方にはおすすめな本です。

ページ数も少ないのに学ぶこともできて、診断もできる本ですよ。

やり抜く人の9つの習慣という本とセットで読むことでより意志力を鍛える事ができます。

では!

この記事を書いた人
TSUYOPON

”きれいめ for men”の管理人です。
細身メンズファッションやメンズ美容を中心に運営しております。
バーテンダーより接客で学んだ経験を元に恋愛記事も書いてます。

北海道出身
10代→陸上部(100m)で全道大会出場
20代→バーテンダー・音楽(バンド)活動。作詞・作曲。vocalです。
30代→IT企業サラリーマン

日々働きながらブログを書いております。

TSUYOPONをフォローする
スポンサーリンク
TSUYOPONをフォローする
きれいめ for men

コメント

タイトルとURLをコピーしました