コーチのメンズリュックを使ってみた感想をレビュー!オンオフで使える!

メンズファッション
スポンサーリンク

コーチのメンズリュックを使ってみた感想をレビュー!

コーチのアウトレットでメンズのリュックが安かったので購入しました。

コーチのメンズリュックって定価は高くて手が届かないのですが、アウトレットだと半額以上で売られてるのでお求めやすいからありがたいです。

今ではサラリーマン、ビジネスマンもリュックを使用するくらい支流となりましたが、カジュアルなリュックだと大人の方やサラリーマン、ビジネスマンは抵抗ありますよね

まさに今回のコーチのメンズリュックはそんな悩みを解消してくれる大人用のリュックです

オンオフで使えるメンズリュックですね。

それでは早速レビューしていきたいと思います。

オールレザーのメンズリュック

まず見た目。

オールレザーでシックなイメージが特徴的です。

ブランド感満載のコーチのロゴもないので大人っぽさがグンと引き立っております。

まさに大人のメンズリュックですね。

この見た目がスーツにも合うし、カジュアルにも合うんです。

オンオフ両方使えるというメリット!

また、外のポケットは両端に2つと真ん中に1つです。

パット見真ん中に2つポケットがあるように見えますが、開けたら繋がっておりますので、横長のポケット1つというイメージです。

中はこんな感じ。

結構深くて容量も十分です。

1泊2日~2泊3日程の出張にはバッチリです。

私は2日分の服と髭剃り、ワックス、スプレー、ポーチ、タオル、本、折りたたみ傘を入れてもまだ余裕があるくらいでした

1週間とかの長期滞在になってくるとちょっと大きさ的に難しいと思います。

また、このリュック、メインの収納場所はレザーの紐で開け閉めの調節をするというリュックとなっております。

私は最初ファスナーじゃないから小さい物が落ちるのではないかと抵抗感がありましたが全くそんな事はありませんでした。

結構閉まるんですよ。

ギューっとすれば。

密閉ではないですが、この状態で上からパチンとフタをするっていう感じですね。

ちなみにボタンはマグネット式のボタンとなっております。

ファスナーは中の内ポケットに1つ付いているのみで、他は全てボタン式となっております。

内ポケットは2つ付いております。

使ってみた感想

とにかくレザーなのに荷物を入れても軽い!

そして背負いやすいんです!

リュック裏の体にフィットする部分のクッション性がめちゃくちゃ良いんです!

さすがはコーチと言った感じがします。

レザーも柔らかいので使いやすさはバッチリです。

ファスナーではなく紐の調節での開け閉めも、慣れてしまえば何も抵抗を感じませんし、飛行機の荷物置きに置いても横にしても荷物が落ちる事はありませんでした

あまりにも小さい物を入れておくと、落ちる可能性はあるかもしれませんのでちょっと注意が必要でしょう。

また、レザーなので傷や汚れが目立たない所も良いところです

繰り返しになりますが一番は軽さと背負いやすさですね。

値段が高いだけあって、体の負担が少なく背負い心地は本当に良いですよ。

そして繰り返しになりますが、オンオフどちらも使えるデザインがお気に入りです。

どこで購入できるの?

もうアウトレットの店舗でも売り切れており、在庫がない店舗がほとんどです。

購入するならネットが一番確実でしょう。

Amazonか楽天、その他だとBuyma辺りでしょうか。

ちなみにこのリュックの定価は14万円ですよ?(笑)

ちょっと手が出しにくいですよね。

まぁネットやアウトレットだとそんな商品が4万円前後で購入できちゃいます

お得にも程がありますがやはりすぐ売り切れてしまいます。

最後に

いかがでしたか?

見た目がオールレザーのリュックなのでビジネスにもカジュアルにもどちらの用途にも使える高級メンズリュックです。

リュックが欲しいけどカジュアルっぽさが苦手な方、ビジネスとして使用したいサラリーマン、ビジネスマンの方には非常に相性が良いのでおすすめですよ!

では!

この記事を書いた人
TSUYOPON

”きれいめ for men”の管理人です。
細身メンズファッションやメンズ美容を中心に運営しております。
バーテンダーより接客で学んだ経験を元に恋愛記事も書いてます。

北海道出身
10代→陸上部(100m)で全道大会出場
20代→バーテンダー・音楽(バンド)活動。作詞・作曲。vocalです。
30代→IT企業サラリーマン

日々働きながらブログを書いております。

TSUYOPONをフォローする
メンズファッション
スポンサーリンク
TSUYOPONをフォローする
きれいめ for men

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました