【感想】LOVE理論はモテない男にこそ読んでほしい本

スポンサーリンク

【感想】LOVE理論はモテない男にこそ読んでほしい本

水野敬也(みずのけいや)著

LOVE理論を読んだので感想を書きたいと思います。

結論から申しますと、全くモテないおしゃれも知らないような男性にこそ読んでほしい本という感想ですね。

数ある恋愛本の中でも本当に恋愛を知らないモテない男からモテる男へと変わっていくストーリーを基礎から全てテクニックとして学ぶことができます。

自分に自信がない男だけどモテたいといった男性にピッタリな本でしょう。

LOVE理論を読む前の自分

まず本に対して。

読む前はLOVE理論という題名なので哲学のような難しい理論で書いてある本なんだろうなというイメージでした。

実際読んでみたら全然違いましたね(笑)

作者の書き方も上から目線だし汚い言葉もたくさん出てくる。

作者がまさに自分の恋愛における先輩のような感覚で書かれています

だからこそ窮屈にならないので読みやすいです。

そして自分自身ですが、モテる男としての理論は共感できる事がほとんどでした。

ただ、社会人になってから落ち着いたのか行動に起こすことが少ないですね。

10代、20代は恋愛における行動力はあった方ですが、現在は恋愛するための行動が全然できてないです。

LOVE理論を読んで気づいたこと

LOVE理論を読んで気づいたことというよりは、共感できる事ばかりだったので改めて気づかされたという感じでしょうか。

大きくまとめると3つあります。

  1. 恋愛五大陸理論はモテる男になる上でめちゃくちゃ重要
  2. チャラい男と言われる男はやっぱりモテる
  3. 女は惚れた男がカッコよく見える

恋愛五大陸理論はモテる男になる上でめちゃくちゃ重要

この本は第1講から第7講に分けて作者の実体験を元にモテない男からモテる男へと変わっていくストーリーが描かれています。

そのストーリーからたくさんの理論が学べるといった恋愛本です。

恋愛五大陸理論というのが冒頭に記載されているのですが、本当にモテたいならこれ超重要です。

ただ、この恋愛五大陸理論を今は行動に起こしていないな~と気づかされましたね。

若いころは同じような事やってましたが。

恋愛五大陸理論とは

  1. 執着の分散理論
  2. うわっつらKINDNESS理論
  3. BTO理論
  4. 自虐ギレ理論
  5. 大変じゃない理論
執着の分散理論

あまりネタバレを含まないように簡潔に書きます。

簡単にいうと1人の女だけじゃなく複数人の女を口説けという事です。

真面目な人ならチャラいと思うかもしれませんが実はモテる男になるための有能なテクニックです。

1人の女に執着すると緊張したり、フラれたらどうしようと余裕がなくなったりテンパりやすい心理状態になりやすいんですよ。

それを防止して余裕のある自分を魅せようという理論です。

余裕がなくなったりテンパったりしている男を女は好きにならないし魅力を感じません。

うわっつらKINDNESS理論

うわっつらKINDNESS理論というのは表面上の優しさの事です。

私の恋愛記事でも優しい人が好きなタイプという女性の気持ちを考えるとモテますという記事があります。

まさしくその通りで優しさを行動に起こせていない男が多いんです。

 

 

BTO理論

BTOというのは「ブサイク・ティーチャー・オノ」の略みたいです(笑)

作者が童貞を捨てた時の女から学んだ理論らしいですね。

簡単に言うと現実の女を知れという事。

とくにモテない男、おしゃれに興味がない男というのは2次元やアイドルのような可愛い女ばかりを見ているので理想が高い傾向があります。

ただ、もっと身近でリアルな恋愛をしなさいという事を教えてくれる理論ですね。

本では結構笑いありのようなネタっぽく書いてますがめちゃくちゃ重要なんですよコレ。

モテる男になるには女経験値をたくさん積む事

たくさんの経験を積んで積んでやっと自分の理想の女性をゲットできるのです。

ドラクエに例えるとわかりやすいですよね?

たくさんのモンスターと戦って経験値を積んでレベルを上げないとボスには勝てません。

恋愛も一緒です。

自虐ギレ理論

自虐ギレ理論は簡単に言うとお笑いです。

自分がイジられるような部分がどこかにある人いますよね?

顔でもそうだし、髪でもそうだし、あなたにとってはコンプレックスかもしれません。

でもそれをお笑いのツッコミのような感じで言葉では否定しつつ肯定するといった感じですね。

特に合コンや飲み会などの大勢の場ではかなり使えます。

おもしろい男はモテます

一緒にいて楽しいと女性が思うのは心が動く予兆なんです。

安心感がある、話しやすい、楽しい、居心地が良い。

全ておもしろい男は当てはまるんですよ。

なのでどんなにイケメンでもクールでつまらなくて話下手な男なら間違いなくモテません。

一緒にいて安心感がない、話しにくい、楽しくない、居心地が悪いという真逆の印象を与えてしますからです。

この理論、行動に起こすのは最初はけっこう難しいです。

私も若い時あんなに喋れたのに今全然喋れないしおもしろい事できてないなと気づかされましたね。

個人的にはこれも経験値が重要です。

数人で居酒屋に行ったり合コンにいったり、むしろ最初は男のみの飲み会とかでも良いです。

どんどんおもしろい事が話せるように経験を積みましょう

大変じゃない理論

大変じゃない理論はそのままの理論です。

簡単に言うと「大変じゃない」「頑張ってるね」くらいで口数を減らして、聞き上手になれという事です。

女が話し出したら聞き上手になりたくさん話してくれるよう安心感を与えてあげられます。

そしてどんどん勝手にお酒を飲ませようという事です。

お酒を飲むと男女共にハメを外しやすくなりますよね。

その状態に持って行って成功率を高めるという手法です。

ちなみに人は愚痴や不満を言う時にお酒が進みます

それを口数多く返すのではなく「大変じゃない」で返すという理論。

聞き上手になって女のガードを緩めようという事が具体的にテクニックとして書かれております。

チャラい男と言われる男はやっぱりモテる

これは私の恋愛理論でもありますが、チャラい男と言われるまでにまずはなる事なんです。

チャラい男はやっぱりモテます

ただ、チャラいのは付き合う前の過程であった付き合ってからは一途に愛しましょう

これが私の恋愛理論なんですが、LOVE理論を読んで間違っていなかったと気づきましたね。

以前書いた第一印象がチャラそうと言われる人はチャンスである事を忘れるなという記事も読んでみて下さい。

 

 

女は惚れた男がカッコよく見える

女は惚れた男がカッコよく見えるということ。

これは知っていたようで知らなかったです。

新たに気づいたといっても過言ではありません。

最初のきっかけとしてなるべく外見も内面も好きなタイプに近づいた方がチャンスや可能性は上がるのは確かです。

ただ、好きにさせちゃえば自分がまさにタイプの男になるんです。

よく彼氏がいない女性に好きなタイプを聞いても男性の中身の事ばかりで、外見の事ってあまり細かく言う女って少ないんですよ。

好きな芸能人とかを聞いても、実際付き合っている男性は全然違う系統という事もあります。

また、美女と野獣カップルって結構見かけません?

相当性格が良い男なんだろうな~って思っていました。

ただ、女は惚れたらその男がカッコよく見えるんですね。

本の最後に作者の実体験が書いてますが感動しました

LOVE理論を読んで変わったこと

私の場合、基本的な事が書いてあるなという感想でしたが、実際にブログで恋愛テクニックをもっと細かく書いていこうと思いました。

1から恋愛経験のない男へ向けての解説の仕方が丁寧でわかりやすい本なので、非常に勉強になりました。

私も恋愛テクニックを今より細かくわかりやすく書いていきたいと思います。

また、作者の行動力を見直してもっと恋愛に向けて行動力を高めていかないといけないなと思いました。

最後に

いかがでしたか?

LOVE理論を読んだ感想を書きました。

モテない男にこそ読んでほしい恋愛本なので恋愛本の最初に読む本としておすすめです!

読んで学んでたくさん行動しましょう。

また、LOVE理論はドラマにもなっておりますし漫画にもなっていますので他の楽しみ方もできるので興味がある方は見てみて下さい。

では!

この記事を書いた人
TSUYOPON

”きれいめ for men”の管理人です。
細身メンズファッションやメンズ美容を中心に運営しております。
バーテンダーより接客で学んだ経験を元に恋愛記事も書いてます。

北海道出身
10代→陸上部(100m)で全道大会出場
20代→バーテンダー・音楽(バンド)活動。作詞・作曲。vocalです。
30代→IT企業サラリーマン

日々働きながらブログを書いております。

TSUYOPONをフォローする
スポンサーリンク
TSUYOPONをフォローする
きれいめ for men

コメント

タイトルとURLをコピーしました